ザ エターナル ツインズ

Dカラー フローレス 50.23 カラット& 50.23 カラット

時おり、自然は心臓が止まりそうなほどに美しく、素晴らしい宝石を生み出すことがあります。ボツワナで発見された 269 カラットの天然ダイヤモンド原石は、何十個もの壮麗なジュエリーを生み出すポテンシャルのある原石でした。しかし私たちは更なる研究を重ね、驚異的な色と透明度を誇る50 カラットの完璧な 2 石の大粒ダイヤモンドが誕生するポテンシャルをこの原石の中に見出したのです。こうした努力の積み重ねにより極上のジュエリー、ザ エターナル ツインズがこの世に誕生しました。

前例のない機会

ボツワナのカロウェ鉱山は、20世紀で最も傑出した宝石の数々を生み出してきました。そして、269 カラットの原石がグラフのジェモロジストの手に手渡された時、それぞれ 50 カラットの奇跡的に全く同じカラットの真に卓越した 2 石のダイヤモンドが誕生する可能性が生まれたのです。

“私は原石を見た瞬間、ここから素晴らしい宝石が生まれる可能性があると直感しました – そして数えきれない挑戦を重ねそれを現実のものとしたのです”

ローレンス・グラフ

試される才能

一つの原石から 2 石の全くの同一カラットのエメラルドカットダイヤモンドをカットすることは、これまで、これほどのスケールで試されたことはありませんでした。グラフの宝石職人たちは常にリスクの伴う、非常に複雑な作業に着手しました。完璧なプロポーションで、欠点の一切ない 2 粒の大粒ダイヤモンドを原石から取り出すために、レーザーを使った緻密な研究が徹底的に行われました。

芸術を生みだす技

エメラルドカットの長く滑らかなファセットはどんなに小さな傷も許されないため、特にこの大きさのダイヤモンドでは細心の注意を払う必要があります。また大きなファセットから最高の光が放たれるよう、カット&ポリッシュチームの綿密で高度な技術が必要となります。

永遠のしるし

グラフの匠の職人たちは、綿密な計画のもと2石の原石を識別できない程まったく同じサイズと重量にカットと研磨を施し、この上なく美しく輝くよう仕上げました。この2 石のダイヤモンドを最後の工程である壮麗なイヤリングにセットしたとき、歴史的な偉業を成し遂げたことは誰の目にも明らかでした – 完全なシンメトリーを持つ 2 粒のDカラー フローレス 50.23 カラットのエメラルドカットダイヤモンド。ファイアーと光をたたえて煌めき、この上なく美しい輝きを放ち続けることでしょう。

Scan via WeChat App to follow Graff